ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


本文の始まりです

文明堂CMギャラリー

懐かしのあのCMから、レアCMまで大公開!

明治33年

創業

昭和40年

新工場誕生<岡町工場>編

新工場誕生<岡町工場>編

昭和44年

ひみつのアッコちゃん 編

ひみつのアッコちゃん 編

♪ ウフッ マッチ売りの少女にな~れ~
アラッ シンデレラにな~れ~
キャア テクマクマヤコ~ン
アラ!え~い食べちゃえ
ウフフカステラよ 私大好き
文明堂のカステラ
あなたも食べてね

昭和48年

3時のおやつ編

3時のおやつ編

♪ どこかで誰かがやさしくするなら
ララララ~ ララララ~
世界は今より明るくなる

誰かがどこかでほほえむなら
ララララ~ ララララ~
世界は今より幸せになる

やさしく明るく幸せに
文明堂のカステラ

昭和49年

花いちもんめ編

花いちもんめ編

♪ ふるさともとめて 花いちもんめ
ふるさともとめて 花いちもんめ
もんめもんめ 花いちもんめ
ふみちゃんもとめて 花いちもんめ
あきちゃんもとめて 花いちもんめ
勝ってうれし 花いちもんめ
負けてくやし 花いちもんめ

NA:母から娘へ 兄から弟へと
伝えられてきた
日本の歌 日本の遊び
日本人の心のふるさととともに
文明堂のカステラ

昭和52年

日本の伝統芸能<三遊亭円生>編

日本の伝統芸能<三遊亭円生>編

NA:三遊亭円生 日本の伝統芸能
落語を語り続けて70年
身振り手振りに話す言葉の

ひとつひとつに
イキイキとした表情がある。

円生:あの~、一席話をしました後でね、
お茶とお菓子をいただくのが
あ~格別、結構ですね。
やはりお菓子はこの文明堂の
カステラなら申し分ありませんしねえ。
これでお茶をいただいて
ごらんなさい。うまい!

昭和58年

長崎街道抄編

長崎街道抄編

NA:日本のシルクロード、長崎街道

♪ 町でまんじゅう買うて
日見で火もろうて 矢上で焼いて
古賀でこんがらかして
久山でうち喰うた

NA:長崎から江戸までおよそ85日。
気の長い昔でした。
今じゃ朝からカステラ買うて
ジェットですっとばして昼には
東京でうち喰う時代になりました。
長崎 文明堂のカステラ

昭和59年

赤っかとばい編

赤っかとばい編

♪ 赤っかとばい
金巾ばい
赤っかとばい
金巾ばい
オランダさんから
もろたとばい

♪ (くりかえし)

NA:長崎の心を伝える
長崎 文明堂のカステラ

昭和59年

でん出らりゅう編

でん出らりゅう編

♪ でん出らりゅうば
出て来るばってん
でん出られんけん
出て来んけん
こん来られんけん
来られられんけん
来ん!こん!

♪ (くりかえし)

NA:長崎の心を伝える
長崎 文明堂のカステラ

昭和60年

佐世保にて<コマ回し> 編

佐世保にて<コマ回し> 編

こま工匠二代目 山本貞右衛門氏:
こまというのは、人とふれあって
喜びのある遊びですね。
私はその、全国にでもまわってでも
佐世保こまをみんな回し方を
教えてやろうかと思う位なんですよ。

NA:ふるさとの心を伝える
文明堂のカステラ

平成8年

佐世保にて<コマ回し> 編

佐世保にて<コマ回し> 編

NA:長崎を愛した画家 鈴木信太郎が
描いた一枚の絵 長崎
港のにぎわい、異国ロマン
長崎の色どりと喜びと歴史が
あたたかく伝わってくる
今も長崎を伝え守る
やさしい味わい
文明堂総本店のカステラ

平成10年

夏の贈り物編

夏の贈り物編

NA:ジューシーな果実が
ゼリーの中でひんやり
文明堂総本店の
ピュアフルーツゼリー
そして小倉、こしあん、抹茶が
さわやかなハーモニーを奏でる
涼風水ようかん
和と洋の涼菓詰合せも
お楽しみいただけます。
夏の味わい 文明堂総本店

平成22年

特撰カステラ篇

特撰カステラ篇

NA:時代は変わる
世の中は変わる
人も変わる
長崎も変わる
時を超え、変わらず愛され続ける味がここにある

平成24年

桃カステラ篇

桃カステラ篇

NA:可愛い桃の花が咲くころ
なぜかあのきれいな桃のカステラが恋しくなるのです。
文明堂総本店の美味しい桃カステラ
サイズもいろいろ

平成28年

オリジナル焼印カステラ篇

オリジナル焼印カステラ篇

NA:特別なあの人へ
言葉ではちょっと照れくさい時も
もちろん大切なお祝いごとにも
世界にひとつだけのカステラを贈ろう

平成28年

カステラ新パッケージ篇

カステラ新パッケージ篇

NA:変わらぬ美味しさに
新たな気持ちをこめて



本文の終わりです


  • ホーム 
  • > 文明堂CMギャラリー 

ページ上部へ