SHIKITARI
のし袋の種類と使い方
  ■ご進物時期一覧表   ■贈答の作法とエチケット

豪華なものから簡略化したものまで、のし袋にはいろいろな種類があります。
慶事や弔事などに合わせて、水引きの色や結び方、のしの要・不要など、くれぐれもまちがいのないように分けましょう。

■結婚のお祝い
水引きは、一度きりという意味で必ず金銀か紅白のものを結び切りに。のしは金額に応じてつり合いのとれたものを使う。
  ■軽い贈答
のしや水引きがさらに簡略化した小型のものを。色や絵柄の入ったものは、子どもや目下の人に使う。
■大きいお祝い
婚礼以外の大きい慶事には、何度も繰り返すという意味で、金銀か紅白の水引きを蝶結びにし、のしをつける。
  ■葬儀
水引きは二度と繰り返さないという意味から、双銀か黒白のものを結び切りに。のしは弔事には用いない。
■一般的なお祝い
丁寧にするときは、金銀か紅白の水引きを蝶結びに。金額や相手によっては、印刷された略式のものでもよい。
  ■弔問・法要
葬儀以外の弔事も双銀か黒白(地方によっては黄白)の水引きを結び切りに。印刷されたものでもよい。
■祝義・謝礼
比較的少金額の場合は、印刷された略式のものを。大きさは、用途に応じて選び、見舞いや寄付は白無地でもいい。
    


熨斗(のし)のいろいろ
のしは本来、「のしアワビ」の一片を色紙に包み、汚れのないしるしとして贈り物に添えたものです。現在は、アワビを模した装飾的なものを、慶事のしるしとして用い、大きさや形にも特定のきまりはありません。 ただし、弔事の場合、仏教では肉食を忌むため、動物性で長生不死の象徴であるのしは用いないのがきまりです。
※婚礼には飾りのしを用いるケースが多い。


お金の入れ方
のし袋に中袋がある場合は、お札の表裏をそろえ、なるべく折らずに入れます。中袋がないときは、半紙か懐紙で中包みをしてからのし袋に入れるのが正式です。
のし袋が小さいときは、お礼を二つ折りか三つ折りくらいに。また、硬貨を入れる場合は、半紙で平に中包みして入れます。いづれもお金は、できるだけ新しいものを用いるのが礼儀です。


上包みのたたみ方      
   
1.半紙を縦長にして持ち、輪を左側にして巻き込む。   2.三つ折りの幅になるよう、正確にたたむ。   3.中袋(中包み)を入れて上下が重なるように折りまげる。慶事用の場合は下側を上にする。
     
4.弔事場合は、下側が内になるように重ねる。   5.水引きをかけ、のしをつけ表書きをする。弔事の場合、のしは不要。    


中袋の書き方
のし袋に中袋がある場合は、お札の表裏をそろえ、なるべく折らずに入れます。中袋がないときは、半紙か懐紙で中包みをしてからのし袋に入れるのが正式です。
のし袋が小さいときは、お礼を二つ折りか三つ折りくらいに。また、硬貨を入れる場合は、半紙で平に中包みして入れます。いづれもお金は、できるだけ新しいものを用いるのが礼儀です。



 


 

 

■表に金額を書く場合
中央に金額を大きく書き、裏側の向かって左下部に住所と姓名をやや小さめに書く。


■表に住所を書く場合
中央より向かって左側に住所と姓名を、裏側の向かって左下部に金額をやや小さめに書く。